一戸建てにロフトを作るのなら二階より一階

PR|親子の希望を叶える二世帯住宅|

これから注文住宅で新築一戸建てを建てる人にしておきたいアドバイスと言えば、「二階にロフトは作るべからず」ということです。もしもロフトに憧れていて、そしてロフト付きの部屋を作るのならば、天井を少し高くした一階の部屋に作るべきだと思いますよ。

なぜに、「二階にロフト付きの部屋を作るな」と私が言いたいのかといいますと、それはロフト付きの二階の部屋が暑いからです。いや、部屋自体はいたって普通な温度でしょう。正確に言えば、二階のロフト部分の温度が、夏場の昼間なんか冷房をつけていても、「なんかうだるように暑いんだけど!」という温度になるからです。

なんというのでしょうか。暑い日にロフトで横になっていますと、天井から感じる灼熱さというものがあるのです。わが家は二階に子供部屋があって、子供部屋にはロフトがついているのですが、とにかくもうここが暑いんです。冬場にしても天気がいい日はロフト部分は暑いんですよ。

ですから今ではほぼ物置になっていますね。ロフト部分で寝られるようにと、スペースを取ってはいたのですが、友達があそびに来た時に寝る場所として活用されているぐらいで、普段はごちゃっと物が置かれているスペースになっていますよ。

けれどもまあ、我が家の変則的な屋根の形を有効利用するために、二階の部屋にはロフトを作っていますから、物置スペースとしてのロフトの活用であっても、成功していると言えなくもないのですが。けれど、家の設計段階では、ロフト以下の部分をスッキリとさせるためにも、ロフトで寝られるようにとロフトを作っていますからね。その点においては、失敗でしょう。当初の目的とは違っています。

けれどもまあ結果オーライとも言えるでしょうか。ロフト以下のスペースをスッキリさせるために、ロフトは物置として活用されていますから。ロフト部分にはカーテンもついていますので、物をごちゃごちゃっと置いても、カーテンを閉めれば目隠し効果で非常にスッキリとした部屋ですから。

<PR>英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|内職 アルバイト|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ| サプリメント|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|生命保険の選び方|貯蓄|初値予想|